• ホーム
  • ごあいさつ
  • 公証役場とは
  • 公正証書
  • 遺言について
  • 定款認証
  • 任意後見
  • よくある質問
  • 交通アクセス

遺言公正証書の作成に必要な書類

  1. 遺言者の印鑑証明書(発行後3ヵ月以内のもの)とその実印
  2. ① 遺言者と相続人との続柄がわかる戸籍謄本
    ② 相続人以外の方に遺贈する場合はその方の住民票
  3. 相続させ又は遺贈する財産が、
    ① 不動産(土地・建物)の場合
    • 不動産の登記簿謄本→法務局
    • 不動産の固定資産評価証明書→市役所又は区役所(札幌市の場合は、市税事務所)
      又は 固定資産納税通知書
    ② 動産等の場合
       それらを記載したメモ
    *預貯金等を具体的に記載する場合は、金融機関名支店名口座番号現在のおおよその預貯金額を記載して下さい。
  4. 証人(遺言確認時に立ち会っていただく人)が2名必要なので、その方の住所氏名職業生年月日を記載したメモ
    *ただし、以下の方は証人になることができません。
    推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者)及び受遺者並びにこれらの方の配偶者及び直系血族、未成年者、被補助人、被保佐人、成年被後見人
  5. 遺言執行者(遺言どおりに実行してくれる人)を決めておくと便利です。執行者を指定する場合は、その方の住所氏名職業生年月日をメモしてその他の必要書類と一緒にご持参下さい。
    *執行者には相続人、受遺者、証人でも指定することができます。

手続の手順

手続の手順

・内容確認の際には、遺言者は印鑑証明書の実印、証人はシャチハタ以外の印鑑を必ずご持参下さい。
・遺言者が病気等で当役場にお越しになれない場合は、公証人が出張します。 その場合は別途手数料が加算されます。

詳しい内容はこちら
お問い合わせ・ご依頼はお気軽に TEL:011-271-4977 FAX:011-281-0278